未分類

家族におすすめ格安SIMとプラン

大手携帯キャリアでは家族単位でスマホやタブレットを契約することで一台あたりの利用料金が安くなり、お得に利用できます。スマホやタブレットをを安く運用できるサービスとして近年では格安SIMを選択する人も多くいますが、格安SIMでも会社によっては家族向けのプランの取り扱いがあり、家族向けのプランを上手に活用することで元々お得な格安SIMをより安く利用できます。
格安SIMの家族向けのプランには具体的にどのようなものがあり、どのくらいのコストで運用できるのが、未成年者でも格安SIMの契約は可能なのか、格安SIMの家族向けプランを契約・利用する場合にはどのような注意点があるのかなどを詳しく解説していきます。

未成年の格安SIMの契約方法

未成年者が大手携帯キャリアのスマホを利用する場合、基本的に保護者の同意や保護者が契約して未成年者が利用するという手段を取ることとなりますが、基本的には格安SIMも同じ流れとなります。詳細を詳しく確認していきましょう。

18歳以上の契約

契約者が未成年者であるものの18歳以上である場合には基本的に本人名義で格安SIMを契約することができます。格安SIMの支払い方法は基本的にクレジットカード支払いであり、18歳ではクレジットカードが作成できないケースがほとんどですが、楽天モバイルなどの格安SIMであればデビットカードや口座振替で支払いができるので、クレジットカード以外の支払い方法があるMVNOを選ぶとより契約がしやすくなります。
また契約の際には原則運転免許証等の本人確認書類が必要となります(データSIMの場合は不要のケースも有り)。運転免許証がない場合には健康保険証+住民票の写し等でも大丈夫な場合もあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

18歳未満の契約

18歳未満の未成年者が格安SIMを使う場合、一部の例外を除いて保護者が契約して未成年者に貸す形となります。18歳未満の未成年者が格安SIMを利用する場合のポイントを確認していきましょう。

格安SIMによっては利用者登録が必要

多くの格安SIMでは親の名義で契約し子どもに貸し与えるだけで18歳未満の未成年者でも格安SIMが利用できますが、MVNOによっては契約者と利用者が別となる場合には別途案内に従って利用登録を行う必要があります。
具体的にはLINEモバイル・楽天モバイル・mineo・UQモバイルなどのMVNOで契約後に利用者登録が必要となるので、契約時に届いたマニュアルに従って確実に登録を済ませておくようにしましょう。

18歳未満の未成年者でも本人名義で契約できる格安SIMとは

18歳未満の未成年者の場合、基本的に本人名義で格安SIMの契約はできませんが、ワイモバイルやUQモバイル、BIGLOBEモバイル等の大手携帯キャリアのサブブランドでは18歳未満の未成年者でも本人名義で契約ができます。ワイモバイルやUQモバイルでは全国に実店舗があるので未成年者と保護者が一緒に店舗で契約手続きをすることで未成年者の本人名義で契約ができます。
なおBIGLOBEモバイルの場合は実店舗ではなくネットで契約をすることとなるのですが、データSIMに限り口座振替での支払いが認められており、未成年者の本人名義での契約が可能となっています。

家族でDMMモバイルの「シェアコース」を利用した料金シミュレーション

DMMモバイルでは家族でお得に利用できる「シェアコース」というプランがあります。このプランを家族3人で利用した場合の料金をシミュレートしていきます。
両親と子どもの3人でシェアコースを利用する場合、3枚の通話SIMで8GBの通信量をシェアする場合、月額4,080円+税~での利用が可能です。
なお子どものスマホでは電話番号は不要で通話などはすべてLINEで代用するという場合にはよりお得になり、8GBプランが3,530円(通話SIM2枚+SMS機能付きデータSIM1枚)~での利用が可能です。

家族で利用する場合の注意点

DMMモバイルなどのMVNOと契約して家族で格安SIMを利用する場合の注意点ですが、通話料がかかる点が真っ先に挙げられます。大手携帯キャリアの場合家族間通話が無料になるケースが多いですが、格安SIMの家族向けプランは家族間通話も従量制でかかるケースが多いので家族間通話が多い場合には高額の通話料がかかる恐れがあります。LINEの無料通話を使うなどの工夫が必要です。
複数枚のSIMでデータ容量をシェアするプランの場合、名義を一つにまとめなければならないケースがほとんどです。現在大手携帯キャリアを利用していて家族それぞれが個人名義で契約している場合、乗り換えが不可能だったり名義変更手続きなどで非常に面倒となる点にも要注意です。