未分類

docomo(ドコモ)から格安SIMにMNP(番号そのまま)で乗り換える場合

スマホをドコモ(NTT docomo)で契約している場合、月々の利用料金が7,000円~8,000円、あるいはそれ以上という方も少なくないのではないでしょうか。この金額は年間に換算すると80,000円~100,000円にも及びます。このため、スマホの利用料金を大きな負担に感じている方も少なくないはずです。
そこで、月々の負担を軽くするためには、プランの変更を検討するのもひとつの方法ですが、ドコモから、格安SIMを提供しているMVNOに乗り換えるという選択肢も考えられます。MVNOは「仮想移動体通信事業者」といい、他社から無線通信インフラを借り受けてサービスを提供している業者のことで、ドコモなどのキャリアよりもリーズナブルな利用料金でサービスを提供しています。このため、現在の利用料金を半額以下に抑えられる可能性もあります。そこで懸念されるのは通信の品質ですが、MVNOによってはドコモと比較してもほとんど遜色のない場合もあり、また、ドコモをはじめとしたキャリアのような「2年縛り」と呼ばれる契約が存在しないMVNOもあるため、いつでも他社へ乗り換え(MNP)ができることもあります。
では実際に、MVNOに乗り換えるにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

格安SIMにMNPで乗り換える前にチェックする!ポイント①:違約金の確認

実際にドコモから格安SIMを提供しているMVNOに乗り換える際には、解約金が発生するかどうかの確認を必ず行いましょう。ドコモをはじめとしたキャリアでは、2年間契約を継続することによって月額料金が安くするという契約形態があり、これが「2年縛り」です。この場合、2年契約の満了月から2カ月間が「更新月」と定められていて、これ以外の期間に解約を行った場合、10,260円の解約金が発生します。
このように、解約をしようと思ったタイミングが更新月であれば解約金は発生しませんが、それ以外の期間では解約金が発生することを覚えておかなければなりません。もし、更新月がいつなのかわからない場合には、ドコモのポータルサイト「My docomo」で確認するか、電話でドコモのサポートに問い合わせることもできます。
ただし、更新月を確認したとしても、乗換えを検討した時点からあまりにもかけ離れている場合には、必ずしも更新月まで待つ必要はありません。確かに更新月以外では10,260円の解約金が発生してしまいますが、早めに格安SIMを提供しているMVNOに乗り換えることで、ドコモに更新月を迎えるまで高額の利用料金を支払い続けるよりは結果として解約金を支払うほうが安い場合があるからです。特に更新月が1年以上先である場合には、早めのMNPを検討したほうがよいでしょう。

ポイント②:キャリア(ドコモ)サービスの利用が出来ない

利用料金を大幅に節約できるMVNOへの乗り換えた場合、ドコモで利用していたサービスの中には利用できなくなるものもあるので注意が必要です。その主なものが以下の3つです。
・キャリアメール
・LINEのID検索
・おサイフケータイ
まず、キャリアで利用していたメールアドレスはMVNOに引き継ぐことができません。また、新たに専用のメールアドレスが提供されるMVNOも少ないため、基本的にはGmailなどのフリーメールを利用することになります。
次に、LINEのID検索は年齢認証が必要ですが、この認証は3大キャリアと連携しているため、ワイモバイルやLINEモバイル以外のMVNOではID検索ができなくなってしまいます。
そして、おサイフケータイは格安SIMに対応したSIMフリースマホでは搭載されていない機種も多いため、MVNOの際に機種変更も同時に行う場合は注意が必要です。

ポイント③:使う端末(スマホ)を選ぶ

MVNOに乗り換えて格安SIMを利用する場合には、ドコモと契約していた際に利用していたスマホをそのまま使い続ける方法と新たに端末を購入する方法があります。
このうち、そのままスマホを使い続ける場合には、SIMロック解除が必要な場合があります。SIMロックとは各キャリアが他のキャリアのSIMを利用できないように利用制限をかけているものですが、乗り換え先のMVNOがドコモの回線を使用している場合、SIMロック解除の必要はありません。ただし、auやSoftBank回線を利用しているMVNOの場合、SIMロックの解除が必要です。また、SIMロック解除には、端末購入日から100日経過しているという条件を満たしていなければなりません。
一方、新たに端末を購入する場合は、乗り換え先で端末とSIMをセットで購入するか、あるいはAppleなど、公式サイトから直接購入できるメーカーから購入する方法、オークションなどで中古のスマホを購入する方法などがあります。
ただし、初心者のは、中古のスマホを購入した場合、端末の割賦返済やウイルスの感染対策などに対処できないことがあるため、乗り換え先で端末とSIMをセットで購入するのがおすすめです。

現在利用中のiPhoneを利用したい場合

日本においては、iPhoneは大変人気のある端末で、MVNOに乗り換えた後も使い続けたいという方は少なくないでしょう。ただし、SIMロックが解除できるiPhoneは、2015年5月以降に発売された機種で、かつSIMロック解除に対応している機種に限られています。現在これに該当しているのは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xとなっています。

MNP(番号そのまま)予約番号を取得

MVNOに乗り換えるには、MNPを利用する方法とそうでない方法があります。MNPとは「モバイル・ナンバー・ポータビリティ」のことで、ドコモから携帯電話会社を変更しても同じ電話番号を引き続き利用できる制度です。
MNPの手続き自体は非常に簡単で、ドコモでMNP予約番号を取得する転出手続きを行い、その後MVNOで格安SIMを契約する転入手続きをするだけです。
予約番号はMy docomoか、携帯なら「151」、一般電話は「0120-800-000」へ電話するか、あるいはドコモショップでも申し込むことができます。
受付時間はMy docomoが午前9時~午後9時30分、電話が受付時間は午前9時~午後8時、ドコモショップは各店舗の営業時間内となっています。
一方、MNPを利用しないで乗り換える場合には、ドコモで解約をし、新たにMVNOで格安SIMを契約するだけですが、この手続きはドコモショップでしか行えないので注意が必要です。

MNPを取得する時の注意点

MNPを行う場合にはいくつか注意点があります。まず、MNP予約番号は発行された時点ではドコモの解約の手続きは行われず、MNPが完了した時点での解約となります。
また、MNP予約番号の有効期限は、予約申し込み日を含めた15日間となっているため、電話番号を変更することなく乗り換えたい場合には、この期間内に乗り換え先のMVNOと契約を行う必要があります。万が一この期間内に新たなMVNOと契約しないと、予約番号を再発行しなければならなくなってしまいます。
このほか、MNPでは、新たに契約するMVNOへ3,000円の事務手数料を支払いが発生することも知っておきましょう。