未分類

月額1000円未満でデータSIM(シム)を利用するおすすめ

スマホを使ったデータ通信は料金が高額になってしまうイメージがありますが、実は格安で利用できるデータSIMもあるのです。料金面の問題でデータ通信を諦めていた人も、格安SIMの選び方を身につければ安心できます。もちろん格安SIMの中には劣悪な製品もあるため、やみくもに選んでしまうのは禁物です。快適なデータ通信をするためには、格安でありながら良質なデータSIMを選ぶ必要があります。データSIMを選ぶときに、月額料金が高いか安いかだけを見てしまう人がいるのですが、これは大きな失敗につながりやすいです。月額料金が重要な判断材料になるのは当然ですが、実際の通信速度が速いのかどうかなども確認しなければなりません。

データSIMを選ぶ為のポイント①:月額料金と高速データ通信

格安SIMが欲しいと思っている人は、当然のことながら月額料金を少しでも抑えたいと考えています。そのため、格安SIMを比較する際は最初に月額料金を確認しなければなりません。月額料金が高すぎると感じる場合、そのデータSIMは検討対象外になるといえます。もちろん、月額料金が高めだったとしても、サービス内容などが充実していれば満足できるので、他の面もしっかりと検討することが大切です。たとえば、高速データ通信がどのくらい使えるのかを見てみます。料金が高めであっても、自分が使いたい量のデータ通信ができるのなら問題ありません。逆に、月額料金が安すぎる格安SIMを選んでしまうと途中でデータ通信が遅くなり、快適な作業ができなくなってしまいます。高速データ通信が不可能になってしまうのでは、格安SIMを選んだことのメリットがほとんど失われます。月額料金が300円程度では高速データ通信が基本的に使えないと考えられるため、検討するのは500円以上のものです。500円で1GB、800円で2GB、900円で3GBというのが基本になります。もっとも人気を集めているのは3GBの高速データ通信ができる900円程度のものです。

データSIMを選ぶ為のポイント②:実際のデータ通信速度

500円で1GB、900円で3GBというのは目安の数値に過ぎないため、そのように表記されていたとしても鵜呑みにしてしまうのは禁物です。大幅にずれることは少ないですが、実際にデータ通信をやってみると、3GBも使うことができなかったというケースがあり得ます。そのため、実際のデータ通信の速度がどのくらいなのかを確認しなければならないのです。また、格安SIMに限ったことではありませんが、データ通信は他の人が利用している状況にも左右されるものなので、日中と深夜とで速度に違いが出ます。時間帯による差を意識しておかないと、自分が使いたい時間帯には低速になってしまう可能性があるわけです。さまざまな時間帯・状況でのデータ通信速度を比較し、自分にとって最適な格安SIMを選ぶようにしなければなりません。知名度の高い会社は、格安SIMであっても比較的安定した通信速度が期待できます。

データSIMを選ぶ為のポイント③:低速モード

実際の通信速度を確認することが重要ということは、言うまでもなく高速で通信できるかどうかが重要な要素になっているわけです。しかし、周囲の状況や時間帯などによって通信速度は大きく変わってしまうため、常に高速でのデータ通信を行うことは期待できません。そこで、高速でデータ通信ができないときに満足できる格安SIMなのかを確かめてみなければならないのです。格安SIMには、高速モードと低速モードの2種類があります。このうち低速モードの質が優れている格安SIMを選ぶことが大切です。格安SIMならどれでも同じだろうと思ってしまう人もいますが、実際にはかなり違っていることがあるため、細かく比較することが必要になります。低速では快適に利用できないのだから、高速の部分だけを見ていればよいのではないかと思われがちですが、インターネットラジオを聴く場合などは低速モードで十分です。高速モードが必須になるのは大量のデータ通信を行う場面なので、日常的な利用は低速モードに切り替えた方がよいことも多いといえます。低速モードならデータ消費量が抑えられます。月額1000円未満という安さで満足できる低速モードがあるのは、やはり知名度の高い会社です。

格安SIMで可能な低速モードの使い方

月額1000円未満のデータSIM(シム)ランキング